舞台「天草物語」を開催いたします

天草市民センター自主事業「天草物語」

◇とき/ところ
2018年9月23日(日)秋分の日
開演 14:00 (開場13:30)
天草市民センター ホール

◇チケット(全席指定)
S席 1,500円  A席 1,300円  B席 1,000円
*高校生以下は500円引き、当日券は500円プラス

第一部は「天草に舞い・ふるさとを詩う」と題して、大浦の子守歌、天領節など天草にまつわる楽曲を歌と踊りで綴ります。
第二部はミュージカル「南風ん風(はえんかぜ)」明治初頭の牛深港周辺を舞台に、牛深ハイヤ節のルーツを今に伝えるミュージカルの舞台で、長期間にわたる漁で男たちが不在の“浜”を守り、貧しいながらも自分たちの誇りを捨てず、互いに支えあい懸命に生きる女たちの物語です。

出演は1990年1月の熊本県立劇場文化事業公演を皮切りにサンディエゴ公演、台湾公演、2004年12月の博多座公演などを重ねてきた「天草音楽祭」に関連する団体で、天草演劇愛好会、東舞踊教室、地元の歌謡愛好家に加え、大浦の子守歌保存会、三絃錦の会も加わります。1990年当初から係る者もおり、中でもミュージカル「南風ん風」の主役“りん”は当時と同じ女優が演じます。ぜひ、市民手作りのこの舞台を市民の皆さんで鑑賞して頂き天草を見つめなおしてみませんか。

 ※申し訳ございませんが、大浦の子守歌保存会は都合により出演できなくなりました。

チラシ表面

チラシ裏面